本屋に行くとレシピ本にまず目が行きます。

投稿日:2022.03.20

もやしをさっと湯がいて。
わかめスープの素で和えて。
タッパーに詰めれば、
もやしナムルの完成!!!

こんな感じで今日もご飯作ってます。

扉がこうやってご飯を作っているとよく言われるのが
「どうやってそのレシピ考えたの?」です。
このブログの反響についても営業部や採用センター伝で聞き及んでいますが、
やはり扉が作るニッチなもの(コーラとか)に驚きの声が寄せられるようですね。

考えてません!!!
人様のレシピを見て勉強させて頂いてます!!!

大抵は生活系情報アプリ(macaroniとか)やYouTube(1人前食堂OKUDAIRA BASE)で勉強したりしますが、レシピ本なんかも偶に購入してます。
これまでに出てきたもので扉オリジナルのごはんは一つもありません。

今回はそのレシピ本や参考にした本について、よく読む本を数冊ご紹介します。

まずは、「にがくてあまい

初っ端からマンガですが、巻末に作中登場した料理のレシピが載っているので扉の中ではレシピ本です(違)
映画化もされましたが、まずは原作を読んで欲しい。
主人公の一人、渚がベジタリアンなので出てくる料理全て肉魚卵乳製品が使われません。
友人Aを始めとした扉の友人グループでこの漫画に出てくるご飯を作って食べる会が年に一度行われてました。
扉は野菜が大好きですが、野菜嫌いも読むだけ読んで欲しいですね。

 

続いて、「私でもスパイスカレー作れました!

扉はこれでスパイスカレーを学び、今では新大久保でスパイスを揃えるまでになりました。
オールカラーオールマンガで構成されているし、料理をしない人向けの説明書きなので凄く分かりやすい。
印度カリー子さんはレシピだけじゃなくて、カレー用のスパイスもプロデュースしていらっしゃるのでそこから入ってもいいと思います。

 

続いて、「家族のつくおき


つい最近購入したレシピ本で、扉が作り置きに関して今一番参考にしている本です。
画像で付箋がついてるのはそう言う事です。
冒頭で書いたもやしナムルもこの本にあるのを、「いやわかめスープあるしこれで行けんじゃね?」と扉が勝手に改変したものですが。
やはりヒントやきっかけになったのはこの本です。
冷蔵や冷凍の仕方もあるのがすごく助かりますね。

最後に、「薬味食堂

あーのー…これに関しては扉が持ってるニッチなレシピ本第一位と言っても過言ではないです。
パクチー好きな扉が思い出したように開いてはニヤニヤしてます。
これまでにも薬味かきあげやパクチーおにぎりを作ってきましたが、
閑散期に入ったらパクチーハンバーグや薬味キーマカレーにも挑戦したい…!

 

と、言う事で今回は四冊。紹介させて頂きました。
他にも男子ごはんの本とか、食材&薬膳手帳とか、ベトナム料理の本とかも持っていますが
今回はよく読んでいる本をメインで。

 

そろそろ繁忙期も落ち着きつつあるので、次回はちゃんとご飯のブログになるかと。
なると…良いなぁ…。

COMING SOON