むかかじゃないよ。いちじくだよ。

投稿日:2021.10.19

9月22日が何の日か全くわからなかった扉です。
スキルアップ通信は読んでるんですよ?読んでるんですけど。
流石に去年の内容まで覚えてn…ナンデモナイデス。

 

一気に気温が下がり、秋が終わろうとしています。(いや、早いねん)
そろそろお手製ジンジャーエールで冷え性対策をしなくては。
お湯で割っても良き、紅茶で割ってハニージンジャーティーにしても良き。

シロップを煮出す時に使って余った生姜やレモンは
細かく刻んで追い砂糖で更に煮込み、生姜ジャムにしても良き!

 

そして秋の終わりという事は、無花果の旬が終わると言う事。
扉の推し食材、無花果の季節も終わろうとしています。

無花果の旬は夏から秋にかけて。
店は限られますがスーパーに行けばある程度の値段で手に入ります。

大体一パック470円くらい。うん、高いっちゃ高い。

大抵の人は生のまま食べたり、コンポートにしたりするでしょうが。
ノバックスごはんブログ担当の扉、推し食材の可能性は最大限追い求めます。

まずは手始めにオープンサンド。

食パンの上に皮を剥いてスライスした無花果を並べ、
その上にちぎったモッツァレラチーズ、生ハムを重ねて完成。
軽く胡椒をミルしても良き、蜂蜜をうすーく垂らしても良き良き。
朝ご飯やデザート感覚で楽しめますね。

お次がチーズリゾット。

無花果でリゾット????とよく驚かれますが、チーズとの相性が良いんです。
過去、ノバックスの宅飲みイベントでこれをみんなに振舞った記憶がありますな。
オーソドックスなチーズリゾットに角切りにした無花果を混ぜ込み、細く切った生ハムを散らす。
チーズのコクと無花果の甘み、そして生ハムの塩気がバランスのいい一品です。

最後に冷製パスタ!

これは仲間内でも好評な奴。
レモン汁とオリーブオイルで作ったパスタソースに冷水で締めた麺を絡め、
ルッコラとモッツァレラチーズ、生ハムとくし切りにした無花果で飾り付けて。
そして上からピンクペッパー。
(あ、今気づいた。乾燥ミント散らすの忘れてるじゃん…)
レモンの酸味と無花果の甘み、生ハムの塩気、ルッコラの苦み。
そしてそれらを統率する様に引き締めるピンクペッパー。

 

無花果ごはんに関しては、言葉の飯テロがはかどりますな!!!

COMING SOON