市販甘酒にシナモン散らすのもあり

投稿日:2021.08.07

やっと…繁忙期に区切りがつきました…。
あ、今回のアイキャッチは休日の朝兼昼ごはんのフルーツサンドです。
生クリームではなく水切りヨーグルトを使ってるので全然甘くない。
なんかよく分からない切れ込みは単純に切る方向間違えただけです。
フルーツサンドは切り方が大事!!!

 

前回の投稿では、この夏は作り置きして乗り切るぞ!なんてこと言いましたが、
それでも作り置きは食べて消えるモノ。そして作り置きの賞味期限は大抵一週間。
すぐに底をついて作る気力も体力もなくなってへばるパターンなんですな!!!

それでも、何かを作りたい、やってみたいという好奇心だけは年甲斐もなくありまして。
今回は甘酒に挑戦してみました。そう、『飲む点滴』と言われているアレです。

そう言えば子供の頃、あれが砂糖を入れた酒だと思い込んで何が何でも頑なに飲もうとしてませんでした。
親から「飲んでいいよ」と言われても絶対に飲もうとしませんでしたね。
我ながら面倒臭い子供でした。

 

甘酒の作り方はネットで調べれば大抵出て来ますが、
ヨーグルトメーカーや炊飯器で作るパターンが多いでしょう。
扉の家にヨーグルトメーカーも炊飯器もありませんが。

なので、炊飯用の土鍋で作りました。
残ったご飯(玄米)に水を入れて火にかけて、60℃まで温めて。
麹をほぐして投入。

そのままかき混ぜてまた60℃になるまで火にかけて

バスタオルに包んで保温。
60℃を下回ったらまたちょっと火にかけて60℃をキープ。

一晩置いたら完了。

玄米甘酒、試しに薄めて飲んでみましたが……。

 

甘ッまぁぁぁ…(またかい)

 

調べて見ると、玄米で作った甘酒はクセが強くもったりした口当たりが特徴との事。
わしにはまだ早かったか…甘酒初心者は白米と混ぜて作るのが吉らしいですね。(調べてから作れ)

飲み物として使えないみたいなので、単純に調味料として使う事にしました。
アジに玄米甘酒を漬け込んでおいて下味をつけて。
いつものアジフライ。

茄子と豚肉の炒め物に砂糖代わりでペイッと入れて。
茹でた蕎麦の上にどぉーん!

 

さて、次はもうちょっとうまくやろう。
麹だけで作るレシピもあるみたいですね。

COMING SOON