酒井 優一さかい ゆういち

メディアサービス部
メディアサポート課

2011年10月入社

入社までの経緯

知り合いがノバックスに在籍していたので、入社する2011年以前から社風を知っていました。当時もとにかく社員の人柄が魅力的で、常に相手の立場になって親身に話を聞いてくれる文化が根付いてましたね。私の転職を機に声をかけてもらい、のびのび働けそうだなと思い入社を決めました。当時から感じていたあたたかい社風や文化は、今もまったく変わりません。

現在担当している仕事について

ノバックスの直接雇用になる前から大手スポーツ新聞社に所属していて、雇用先が変わった今も同じ職場で働いています。システム担当として、PCセッティング、ウィルス対策、記事作成ネットワークのトラブル対応や海外取材時の機器の管理などを主に行っています。記者さんが取材して作成した記事がスムースに誌面・WEBに掲載されるよう、システム面からサポートする仕事です。

仕事で気を付けている点

オリンピックやワールドカップなどの国際大会になると、国によって電波などのインフラ状況が異なるので、万全の準備態勢で臨みます。前回成功したからといって次も大丈夫とは限らないので、あらゆる想定と準備を心がけています。

仕事のやりがい

自分がサポートした記者さんの記事が掲載されているのを見た時は「自分も報道の一部に関わったんだなぁ」とやりがいを感じます。報道に関わる記者は1分1秒を争って記事をアップしているので、自分が関わることで円滑に進むと、存在意義を実感しますね。

仕事で発揮されている自分の個性

人の話を聞き、その人にとってベストな対応をするのが得意です。いろんな部署の記者さんと関わるので、まずはじっくり話を聞き、型にはめることなくケースバイケースで対応しています!

私が思うノバックスの「魅力」

社長が「社員の雰囲気が明るいかどうかで、会社全体の成長が決まる」と日頃から話していて、ノバックスでも社員同士のあいさつやコミュニケーションを特に大切にしています。社員個人の幸せなくして会社の成長はないという考え方なので、日頃から本当に個人に目をかけてくれていると感じます。

今後の目標

今の現場に入って3年経ち、最近はクライアント先で始まった新しいプロジェクトにも関わらせていただいています。ノバックスの社員としてより信頼を得られるよう、まずは現場で求められている目の前の仕事をひとつひとつ大切にこなして、力を付けていきたいです!

採用情報に戻る

COMING SOON